体温を上げる効果的な方法

体温が低い人は、病気になりやすく、体に不調が表れやすいと言います。実際、体温が低いと、大きな病気の原因になってしまうことがあります。まずやるべき体温を上げる効果的な方法は、筋肉量を増やすことです。筋肉を動かすと、血行が良くなり、血行が良くなると代謝を上げることができ、体温も上がりやすくなるからです。筋肉量が少ない人は、どうしても体温が下がり気味なので、体温を上げるには、筋肉を作ることが大事なのです。筋肉を増やすには、体を動かすことと、筋肉を作る栄養を摂ることが大事で、体を動かす場合、腹筋や背筋などの筋トレを行うと良いです。筋トレをする時間がない人は、日常の中で体を動かすことを意識するだけでも効果があります。できるだけ歩くことを意識し、寝る前にストレッチをするだけでも筋肉量をアップできます。筋肉を作るには、栄養素が欠かせません。まず筋肉の材料となるタンパク質が必要なので、牛肉、豚肉、鳥のササミ肉、卵、魚などを摂ります。そして、たんぱく質の代謝を行うビタミンB6や、体を動かす際のエネルギーになる脂質も必要です。体温が低い人は、普段から、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎなどの体を温める食べ物の摂取を心がけることです。